閉経と尿失禁について

元々女の尿路は、男性よりもどんどん短くなっているため、ささやかな刺激やショックでも尿失禁になりやすいという決定的な要因があります。

閉経を経てしばらく後に、尿失禁になってしまうという女が増加しています。

他にも懐妊して分娩した事がある女であれば、骨盤にゆるみが生じて、排尿に関連する筋肉のたぐいの働きが弱まる事は仕方がないのです。

早い段階ではそれほどひんぱんに起きる事ではないのですが、その一方でいつ尿失禁が起こるかと思案すると、怖くなってついつい出不精になったり、人前に出るのをためらったりするようになります。

ここでいう尿失禁とは、びっくりしたり、しゃっくりをしたときなどにちょろっと尿が漏れる症状の事です。

この骨盤底弛緩はかなり大きな確立で、更年期や閉経後の女子、しかもシルバー世代の女子を悩ませる事になります。

やはり生理の呪縛から解放されたというのに、これではすばらしい第2の一生にも、かげりが生じてしまいます。

骨盤底弛緩がきっかけとなって、膀胱頸部がゆがんでしまったり、尿路に負担がかかってしまっているのです。

その後は育児などで自らの時は全く失われてしまい、気がつくと早くも更年期の入り口に立たされています。

それにともなって皮膚や臓器などの全ての部位に移り変わりが到来ます。

晩婚の人や老年期分娩の事例などは、子供の世話と更年期が重なる事も滅多にないのです。

特に内臓の間を埋め尽くすように増える中性脂肪は、多少カロリーの高い食事が続いた程度でも手っ取り早くに増加してしまいます。

そうして最後に訪れるのが更年期と閉経です。

それ故加速度的に肥満が進むのです。

こうした事が重なって更年期や閉経後特有の尿失禁が引き起こされるのです。

なお皮下脂肪も徐々に下のほうに落ちいき、こうした重みをすべて骨盤底の筋肉が受け止める事になるのです。

女の体は、男性に対比して何度かダイナミックに移り変わりします。

多くの女は、閉経後もそれ以前と同じくの食事を取りますが、運動量などは小さくなります。

閉経によって女ホルモンであるエストロゲンなどの分泌は急速に低下します。

なお骨格も骨粗しょう症などによって、もろくなってしまいます。

もちろんの事ながら、膀胱なども圧迫され、貯蔵しておける尿の量も少なくなります。

その次には結婚して懐妊し、分娩をします。

初めに乙女のご時世から初潮をむかえて、アダルトになる段階があります。

こうした閉経後の移り変わりをまた悪い方へと推し進めるのが肥満です。

全身的に潤いが無くなり、筋肉などは柔軟性を失います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です