脳を動かすにはエネルギーが必要

脳のエネルギー源がブドウ糖であるという事はよく知られている事ですが、脳は睡眠中ですら働いている(夢を見る事で記憶の整頓などを行っている)ため、本当は朝の脳はブドウ糖不足に嵌りがちです。

何かの症状が出るほどには至らなくても、誰もが朝には血中のブドウ糖がかなり減少している事は確かですので、可能なだけ早く補充してあげる必須があります。

だからこそ、絶妙な糖の摂り方というものが価値があるであり、脳を守るためにも心がけなければならないのです。

この様子を放っておくと、より低血糖ステータスが進み、症状は更に深刻化したり意識混濁を起こす事例もあり、そこまでいかなくてもこういった事が度々起こると脳そのものにもダメージを与えてしまいかねません。

とはいえ、当然摂りすぎはよくないのですし、実のところ現代の日本人の多くは糖を摂りすぎているとも言われていて、その為に糖質制限、炭水化物制限などをしている人も多く、そのあたりのバランスの取り方はわりと手を焼くところではあります。

朝起きて何となくフラフラするとか、めまい、頭痛、目のかすみ、動悸、疲労感などなどの症状がある時は、血中のブドウ糖不足による軽い低血糖症になっているケースもありますので強い空腹感なども感じるならば直ちににジュースを飲んだり、果物を食べたり、あるいはブドウ糖そのもののタブレットを日頃から常備しておくなどして、もうに血糖値を上げるようにする不可欠があります。

その為にも、朝の食事を摂る事は大変有効で、特に意識した食事を作らなくても、米そのものにかなりの糖分が内蔵されているので例を挙げるとおにぎりとか、ご飯と味噌汁だけでも食べておくのと何も食べないのとでは大きな相違があります。

体調を整えるために腸内環境を改善するのが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です